乳がんってどんな病気?

投稿日時 2007-09-01 12:40:09 | カテゴリ: 女性の健康

乳がんは、乳房にある乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。症状は、しこり、乳頭から血がまじった汁が出る、乳頭の陥没、皮膚のくぼみ、痛み、脇の下のしこりなど、実にさまざまです。
乳がんってどんな病気?

乳がんは乳腺に発生する悪性腫瘍
乳がんは、乳房にある乳腺(母乳をつくるところ)に発生する悪性腫瘍です。症状は、しこり、乳頭から血がまじった汁が出る、乳頭の陥没、皮膚のくぼみ、痛み、脇の下のしこりなど、実にさまざまです。

初期症状がないため、放置されやすい
細胞ががん化して増えはじめるとしこりになりますが、初期には食欲が減ったり体調が悪くなるなどの全身症状が殆どありません。
唯一の乳房の変化に気づかずにそのまま放置しておくと、乳腺の外にまでがん細胞が増殖し、血管やリンパ管を通って全身へと広がっていきます。
乳がんってどんな病気?
 
乳がんってどんな病気?
壮年期女性のがん死のトップ
今、日本女性の25?30人に1人が生涯の間に乳がんにかかるといわれています。なくなる方は年々増加し、今では約1万人。女性の壮年層(30?64歳)のがん死亡原因のトップとなっています。乳がんの発生にはエストロゲンという女性ホルモンが深く関わっています。
ここ30年の乳がんの急激な増加は、食生活やライフスタイルの変化がエストロゲンの分泌に影響しているためと見られています。


資料協力 : NPO法人乳房健康研究会
NPO法人乳房健康研究会 NPO法人乳房健康研究会
特定非営利活動法人乳房研究会のサイト。乳がんの実態をもっと知っていただくために乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の重要性を唱えています。




Dr.治子の女医ネットにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.joisan.net

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.joisan.net/modules/bulletin/article.php?storyid=2