ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
スポンサー広告


[PR]
| RSS |

メディラボ

医療制度 : 医療費自己負担限度額の変更のご案内
投稿者: dr_naoko 投稿日時: 2007-09-01 12:40:09 (7759 ヒット)

健康保険および、船員保険には、一ヶ月の間に医療費がある一定の額を超えたとき、その超えた分を払い戻す制度(高額療養費制度)があります。今回の改正では自己負担額が下記のように変わります。

医療費自己負担限度額の変更のご案内
健康保険および、船員保険には、一ヶ月の間に医療費がある一定の額を超えたとき、その超えた分を払い戻す制度(高額療養費制度)があります。今回の改正では自己負担額が下記のように変わります。
一ヶ月あたりの自己負担限度額(70歳未満の場合)
所得区分 改正前 改正後
上位所得者
【診療月の標準報酬月額が
56万円以上の方】
121,800円+(医療費-609,000円)×1% 139,800円+(医療費-699,000)×1%
一般 63,600円+(医療費-318,000円)×1% 72,300円+(医療費-361,500円)×1%
市区町村民税の非課税世帯
の方等
35,400円 35,400円
(変更なし)
計算例 所得区分が一般(月収56万未満)の被保険者または被扶養者が入院し、一ヶ月の医療費が1,000,000円かかった場合
計算例
長期高額療養患者の自己負担限度額は変わりません
血友病患者や人工透析などの長期高額療養患者は、従来通り一ヶ月10,000円です。なお、血友病患者のうち、第?因子障害、第?因子障害などについては自己負担額は公費負担されるため、事実上の患者の負担はありません。
◆『1件あたり』とは、レセプト(診療報酬明細書)1件あたりをさします。レセプトは個人ごと、医療機関ごとに計算されます。また、同じ医療機関でも外来と入院は別々に計算されます。
◆同じ世帯でも、老人医療受給者、異なる医療保険に加入している方の分は合算できません。
世帯で合算するときの1件あたりの基準額が引き下げられます
上記の自己負担限度額に達しないものが2件以上ある場合、または達しているものといないものが混在している時は、これらの自己負担額を合算し、限度額を超えた分は払い戻しが受けられます。1ヶ月に1件あたり30,000円以上の自己負担があった場合に合算できるしくみでしたが、この合算対象基準額(合算する1件あたりの自己負担)が30,000円から21,000円に引き下げられました。市区町村民税の非課税世帯の方等は今までと同じ21,000円です。
1世帯で年4ヶ月以上該当したときの自己負担限度額が変わります(多数該当)
高額療養費に該当した時に、1世帯で直近12ヶ月間に高額療養費の支給(該当)回数が3ヶ月あれば、4月目から自己負担額が軽減されます。今回の改正ではその自己負担限度額が下の様に変わります。
多数該当の場合の自己負担限度額(70歳未満の場合)
所得区分 改正前 改正後
上位所得者
【診療月の標準報酬月額が
56万円以上の方】
70,800円 77,700円
一般 37,200円 40,200円
市区町村民税の非課税世帯
の方等
24,600円 24,600円
(変更なし)
【高額療養費の支給を受けるには】・・・
支給を受ける方は「高額療養費支給申請書」に必要書類を添付して、社会保険事務所等に提出します。
市区町村民税非課税世帯の方の場合は、市区町村役場または福祉事務所の証明が必要となります。

【窓口負担のお支払いに困ったときは】・・・
「高額医療費貸付制度」が利用できます。高額療養費は請求から支給まで3ヶ月程度かかります。そこで、当面の医療費の支払いに支障がないように、高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で借りることができます。手続方法については、各都道府県社会保険協会にお問い合せください。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。